2016年10月24日

佐世保展示場のメインボード下段に掲げている
                 『戒名って何?』の説明文をご紹介します。  

 

 戒名とは文字通り、厳しい戒律を守って仏門に入った人が授かる名前のことです。
つまり修行をし、経典を勉強し、仏様の教えを学んだ証として与えられるもので、これを受戒(じゅかい)と言います。戒名は本来ならば生前に与えられるものなのですが、時代を経て亡くなった後に死後に与えられるようになりました。死者の場合でも生きているものとして扱い、仏様の弟子として送るという「没後作僧(もつごさそう)」という考え方から来ています。

 戒名は宗派によって呼び方が違う点をご存知ですか?

天台宗・真言宗・浄土宗・曹洞宗・臨済宗は「戒名」といいますが、浄土真宗では「法名(ほうみょう)」と呼びます。 それは開祖である親鸞聖人は「私たちは戒を守れない凡夫だから弥陀の誓願によってのみ救われる(阿弥陀様を信じるのみ!)」という浄土真宗の教義を確立したので「戒」という文字を用いません。また、日蓮宗では「法号(ほうごう)」と呼びます。それは日蓮宗でも受戒せず、法華信者は霊山浄土(れいざんじょうど)へ生まれ変わるとされているためです。

 

                  

                                                   

 

 

2016年10月20日

展示場のメインボードが秋バージョンになりました!icon_biggrin.gif

わが社のコンセプトでもある『家族で行こうお墓参り』と同じ意味を込めて
上段には『ご先祖様へ近況ご報告』の文字と家族でのお墓参り風景、

下段には『戒名って何?』と題して、お戒名についてのご説明をさせて頂いております。icon_razz.gif

               

  

「戒名とは」 文字通り、厳しい戒律を守って仏門に入った人が授かる名前のことです。つまり修行をし、経典を勉強し、仏様の教えを学んだ証として与えられるもので、これを受戒(じゅかい)と言います。〈説明文の冒頭部分です〉

まだまだ続きますが、次回紹介させて頂きます。

 秋のお彼岸は過ぎましたが、時折々にご家族で一緒にお墓参り行かれてはいかがでしょうかicon_redface.gif

 

                                               

 

 

 

 

2016年10月11日

『セカンドライフ&終活フェア』〈長崎新聞主催)に行って来ましたicon_biggrin.gif10月4日(火)長崎ブリックホールにて開催され、約2千人が来場しました!
定年退職後等のセカンドライフと、よりよい人生の最期を迎える準備について考える企画ですicon_smile.gif
21社の出展ブースでは「第二の人生を豊かに過ごすための」旅行や若返りメーク等を紹介。終活に向けては、生前整理や葬儀・相続といった相談にも応じていましたicon_wink.gif今回は講演会の聴講と「無料の遺影撮影」や「入棺体験」をしました。入棺体験をすると長生きをすると言われたので張り切って入りましたicon_exclaim.gif中はやはり狭く、ダイエットの必要性を感じたので数十年計画で頑張ります!icon_redface.gif
『落語家の三遊亭歌之介氏』と『元力士の舞の海秀平氏』の講演会はとても楽しかったですicon_razz.gif還暦を迎え、終活についてそろそろ考えねばと思っていたので良い機会になりましたicon_wink.gif
無料で頂いた「エンディングノート」を、少しづつ埋めていかなければと眺めています‼参加者は私たちよりベテランの方々が多かったですが、皆さま元気に明るく質問などをされていました。後日届く、無料で撮っていただいた「遺影」が楽しみです(^O^)/