『寿陵』~生前にお墓を建てること~
2017年1月17日

新年を迎え、今回は生前墓「寿陵」についてご紹介します。icon_biggrin.gif

生前にお墓を建てることを 寿陵(じゅりょう) といいます。

寿陵

生前墓は、古くから「長寿」「子孫繁栄」「家庭円満」の3つの果報を招くとされてきました。中国では古来より、生前にお墓を建てることは長寿を授かる縁起の良い事とされ、古文書にも「寿蔵」や「寿堂」などと書かれています。

世界の寿陵

秦の始皇帝をはじめ、歴代の皇帝が寿陵を建てていたことが知られていますが、日本の古墳にも寿陵が見られます。聖徳太子が寿陵を建てていたことが「日本書紀」や「徒然草」に記されています。東洋だけでなくエジプトのピラミッドにも寿陵が見られます。

 

 「寿陵について紹介のボード」

写真付きで世界の寿陵を紹介しています!

 

最近、「終活」という言葉を聞く機会が多くなったと感じられる方もいらっしゃると思います。終活とは人生の終末期に関する活動のことで、介護や相続、お葬式などについて考え、あらかじめ色々なことを決めておいたりするというものです。その一環で、お墓についても生前に買い求める人が増えてきています。様々な機会に、お墓についてもご家族やお子様たちと語り合ってみるのはいかがでしょうか?